オオワシの村さん

引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、雇用する側との面接になるでしょう。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。しかし、看護師としての能力と同様に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も観察されることになるはずです。技能や知識のみならず、人としての良い面をアピールできると、とても有利でしょう。他の仕事と違い、看護師が職場で勤務する時間というのは、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、小さな子供がいる人でもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、もういっそ、看護師を辞めてしまおうか、などと悩みました。でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、転職という選択をすることにしたのでした。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、苦労しながらも、仕上げることができました。でも、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、とわかったのです。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そこでも高齢者人数の増加によって、さらに看護師の需要は高まっており、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。看護師の資格のある人は法律では、医師の診療を補助する役割と定められています。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますしかしながら、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、緊急事態には、場数を踏んでいる看護師であれば、部分的に医療行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。また、病棟勤務と違い、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。例外を除いて、夜勤ももちろんありません。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。求められるスキルも病院や、診療科によっても違います。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。端的に言えば、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬を処方することが仕事とされています。他方、看護師の場合は、お医者さんに従い、医師が行う診療の補助を行い、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、その技能を一番発揮できる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。少し長く看護師をしてきておりますが、思ったことは、一般に看護師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。しかし、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。その際ですが、職場復帰が可能かどうかについては、当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻り就職をする人も少なくありません。ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、決められた労働時間以外の業務もあったりして残って仕事をしなければならないことがよくあります。それでも、多忙を極めていてくたびれている時でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。さっきまで愚痴っていた人が打って変わって笑顔になるのです。看護師はさながら女優だなと感じます。何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、必要とされる度合いがとても高いですし、意義の感じられる仕事です。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、業務は日勤と夜勤という形に交代しながら働く形になります。夜勤のある仕事ではどうしても、生活リズムを上手にコントロールできなければ充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。交代制で夜勤もこなさないといけない看護師の仕事は、時間が不規則になります。規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人はかなり多い、というのが問題となっています。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらいつでも託児を引き受けてくれる場所がないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。とは言え、近年においては復職を希望する人の例が増えてきており、大きな戦力となっています。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療の仕事を行う人々というのはますます必要とされる可能性があります。なので、現時点で看護師不足の状態なのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も要因となっています。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日祝日の休みをとることもできます。病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、土日を休みにできるでしょう。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、大抵の場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を口頭で直接、次の人に報告するというものです。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。あまり時間をかけず、要領よくこなすということもとても大事なことです。高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。一般的なほかの職業とは違って、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、その日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。しかし、メインの方の職場で看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、とても高い額の給料となっております。医療現場という、人命のかかった職場であり、多めの残業や夜勤への手当などが間違いなくもらえる、というのも大きいです。誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、急な残業を断らず行なうなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、通常より相当、高いものとなっているはずです。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、結果として、求人が大変多いわけです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。そこそこ昔のことではあるものの、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事はイメージされていたようなのですが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できる専門職であることが、よく知られるようになっております。というのも、看護師の得られる給料は、家の屋台骨として充分に、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。要するに看護師は高給取りである、というのは間違いありません。病棟勤務の看護師は2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてみんなが夜勤を務めます。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、そうやって人がいなくなった夜中にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。二年ほど前から、病院事務として勤務しております。普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、いつでも皆さん忙しくされています。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。しかし、案外、忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、看護師さんの中で、子連れで来ている方が少なからずいらっしゃるんです。先生達も、歓迎している様子でしたし、アットホームな雰囲気でした。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で働く場所を変えようとするケースもあるようです。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで腕を磨きたいという気持ちからくる、意義のある職場変更と言えるでしょう。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。自身の結婚、出産あるいは転居など一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ職場を変えるのは難しくなるでしょう。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど積極性を感じられる理由を挙げたいところです。食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、たやすい部類に入るのではないでしょうか。看護師を養成する学校というのは専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。免許が必要な専門職である看護師は求人が途切れるようなことはありません。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、少し念入りに求職活動を試みれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。最近スマホやPCで閲覧可能となっている求人サイト、それも看護師専門のものがかなりの数があるのです。なので、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして最適の仕事先を見つけてください。看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、それぞれ漢字表記にすると、こうして二種の字で表せます。昔は男性のことを表すのは看護士、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。2001年の法律改正を機に、性別に無関係に使用できる「看護師」を使うことで統合されました。新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、気になるのはその配属先ですが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるような場合もあり、また、人事担当者の考え次第で決定に至ることもあります。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、出された答えとしての配属であることが多いようです。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く常に神経を使うことになりますし、そうしたことにより多くの看護師はストレスに悩まされます。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、精神的なきつさも感じることになります。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、看護師であり続けるためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。社会に出たばかりの新卒看護師や、別の医療機関から転職してきたばかりの看護師に多いのですが、通常支払われるはずの残業代についてちゃんと払ってもらえないことがあるようです。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せずはっきりと労基法に違反しているのです。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、せっかく働いたのならその時間分、給金という形で手に入るのが当然なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です