柴で梅沢

犬を一家の一員として大切に飼育やる家庭では、なんとなく者食を犬に与えて仕舞う顧客も少なくありません。ドッグフードが切れてしまっていたり、ドッグフードを用意しなくても平気からと考えてしまったりして犬の囮を者食で代用してしまうことも。また、ドッグフードを与えている場合でも、者が食べている食材を愛犬が欲しがってしまうこともあるため、愛犬にねだられるままに与えて仕舞う顧客も多くいます。
その結果、犬がドッグフードよりも者食を好んで召し上がるようになって仕舞うといったケースも発生してしまい、しつけをしていく上でも困った苦しみに発展してしまうこともあります。
者と犬は違う鳥獣なので、者にとっては上手く食べても健康に問題のない食材でも犬にとっては健康に有害な食材です場合も多くあります。
者食を加え積み重ねるため、犬の健康に重大な心配を負ってしまうことに向かうのです。
たとえば、ドッグフードは人間の採り入れる食品に比べて塩音量が薄く、者が食べると味がないと考えるようになっています。人間の食材は犬にとっては塩パーソンであるため、者食を加え積み重ねるため犬は肝臓を酷くしたり理解不良を起こし、暮らし病魔に患う心配が高まります。
そして犬は人間の14ダブルものカルシウムを必要とする鳥獣だ。犬の全身で生成することができないので食材から摂取する必要があり、ドッグフードには犬の健康に必要な養分が含まれています。バランスよく栄養を摂取するためにも、ドッグフードを授けることが適切でしょう。くどい味付けの食材を犬がうまいと見紛うと続けて欲しがってしまうため、犬が欲しがってもタブーと言って与えないなどのちゃんとしたし備え付けを行うことが大切です。
また、ネギや玉ねぎなどの野菜には名工ピル二硫化物体といったもとが塞がり、こういうもとが犬の胎内の赤血球を壊してしまうことで、犬が食べてしまうと貧血を起こしたり下痢や嘔吐を起こしてしまう。
チョコレートやココア、アボカドやナッツ仲間など、者が上手く食べている様々な食材には、犬の全身では分解できないもとや不純物にのぼるもとが塞がり、食べてしまうため命にかかわるような重大な病魔に向かうこともあります。こういう食材を食べさせてしまった場合はただちに生物医者で相談するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です