減量

減量に興味があり、脂肪に悩まない秘訣のことを更に学びたいと思っている人や、何からすれば良いのか困っている人にイチ押しの知識をお届けします。

サイトメニュー

1か月で減量する体重の目安

減量

減量を目的に極端な食事制限をしていると、リバウンドによって減った体重が元どおりになってしまったりします。
いきなり体重を減らすと、リバウンドしやすい体質になります。
せっかく減量がうまくいったと思ったのに失敗してしまっては無念すぎます。
減量をしてもリバウンドを避けたいという場合は、時間のかかる減量計画を立てることがポイントです。
減量を成功させるまでの時間を長めに見積もり、毎日少しずつ体重を減らしていくようなダイエットをしましょう。
具体的には、どのくらいの早さで減量をすればいいでしょう。
大体1日50g、1カ月で1.5〜2.0sになるように減量に取り組んでみましょう。
体内の脂肪を1s燃焼させるために必要なエネルギーは、計算では7,200kcalです。
減量を成功させるのは難しいと言われていますが、1カ月計画でやるならば、1日240kcalでいいことになります。
運動のみでカロリー消費量を増やそうとすると大変ですが、食事制限と組み合わせることで現実味のある減量計画が立てられるでしょう。
1日の消費カロリーを240kcal増やしたければ、食事を150kcal減らし、30分の運動をすることで90kcalのカロリー消費ができます。
ご飯を小盛りにしてみたり、マヨネーズではなくぽん酢を使ってみるなどでもカロリーカットは可能です。
ちょっと内容を変えるだけで、ストレスなく減量をすることは可能ですので、体重を減らすために頑張ってみてください。

体重と減量の目標

減量

適切な目標設定をして、自分にとっての最適体重を知ることが、減量を達成するためのコツです。
自分自身を知ることが、減量をするためには何より重要です。
減量の基本はとてもシンプルで、摂取するカロリーと、消費するカロリーを調節することです。
納得のいく減量をするためには、体重が減りそうなことを片っ端からする無計画さはよくありません。
なぜ脂肪がついてたかを理解できずにいると、減量は成功させられません。
カロリー過多で脂肪がついたのか、代謝が低いことが原因か、それ以外に理由があるのかで、減量の方法も変わります。
身長から標準体重は算出できますが、それだけで理想の体型を知ることは難しいといいます。
体重は標準でも、体脂肪率が高い隠れ肥満の人もいます。
ぱっと見でスリムな人でも、実は減量が必要であるという人もいるのです。
自分の体型を知る時に、はかっておきたいものは体脂肪率、そして身長と体重から計算ができるBMI値です。
減量が健康にいいの人とは、BMIと体脂肪率が共に高い人です。
BMIは標準値だけど、体脂肪率は高いという人は、まず下腹部や下半身のエクササイズで脂肪を燃やしましょう。
計画的な減量を行うためには、自分の身長や体重から、自分自身の体型を数値で表してみることです。

減量と体重の停滞期

減量に取り組んでいる人がきつい時とは、停滞期に入って減量の効果が一向に実感できない時ではないでしょうか。
停滞期の有効な対処方法とは、果たしてどのようなものなのでしょうか。
停滞期は、減量をしている人の誰でも経験するものです。
停滞期を突破すれば、再び体重は順調に減りはじめると言われています。
人の体は、ある程度体重が減れば停滞期に突入するようにできているため、体の反応としてはごく当たり前です。
食事量を減らして減量をしようとしていると、人間の体は余計な脂肪を使わずに体内で蓄積しておこうとします。
フルーツ酢が、停滞期の突破口になります。
フルーツ酢には、酢酸とクエン酸が豊富に含まれています。
これらの栄養成分が体内の脂質や糖質の代謝効率を高める作用があります。
停滞期で、減量をしているのに体重が一向に減らないという人におすすめです。
減量中の食事制限では、ビタミンやミネラルが不足しがちです。
果物を酢に漬けることで、酢だけでなく果物の成分をプラスすることができます。
血糖値が気になる人はフルーツ酸を摂取して、インスリンが急激に上がらないよう働きかけましょう。
その季節の果物でフルーツ酸をつくり、減量に役立てることによって、脂肪が蓄積しづらい体質になれます。
停滞期にはフルーツ酸を活用して、減量をスムーズに進めましょう。

簡単に減量するには

簡単に減量をしたいと考えている人はたくさんいるようです。
自分の体質や生活習慣がそのダイエット方法に合っていれば、簡単に減量をする事ができます。
ダイエット方法もいろいろとあります。
朝食から夕食までを8時間以内に摂取する方法や、炭水化物入りの食事は1日1食にする方法もあります。
プチ断食、豆乳ダイエットなど簡単で減量するダイエット方法などもあり、それこそ星の数ほどあるのです。
数はたくさんありますが、その中のどれが自分がやりやすい簡単な減量方法かを見つけることが、最も大変なことであるといえるでしょう。
全く同じ方法でダイエットを開始しても、ある人には効果があり、ある人には全く効果が見られないということもあります。
ダイエット方法が自分に合っていないために起こるのです。
簡単に減量するダイエット方法を見つける為にはどんな方法が自分に合うのかを、よく調べる必要があります。
減量を簡単に実行したいという時に、気をつけたいことは何でしょう。
減量をした場合にはどんな人でも、一時的に減量をする事ができてもダイエットをやめて普通の食事習慣や運動習慣に戻したとたんに、リバウンドしてしまうケースがよくある事です。
リバウンドは、急に効果が出るようなダイエットで起きやすいといいます。
リバウンドしないように、簡単な減量をする場合にはカロリー制限のしすぎないどに気をつけましょう。

簡単な減量とリバウンド

減量に取り組む以上は、それがどんな簡単な方法であれ、効果を持続させたいと思うものです。
簡単な減量において大切なリバウンドがどうして起こるのかと言う事について調べてみました。
減量つまり体重を減らすと言う事は、簡単に言うと食べ物を減らしたり、運動をしたりして1日の消費カロリーを体に入ってくるカロリーよりも多くするという事です。
簡単なダイエットは色々ありますが、その中に炭水化物を減らすダイエットがあります。
炭水化物のカロリーを減らす事によって、全体の摂取カロリーを減らす方法ですが落とし穴があります。
食べる量を減らすことでダイエットができるものと、思い込んでいる人は多いようです。
しかし、急激に食事を減らすと、人の体はホメオスタシスという機能が働き、体重が大幅に減らないように体質を変えようとします。
体を痩せにくい体にしてしまう場合があるのです。
ホメオスタシスと言う体の機能は、私たちが遭難した時など緊急事態に体を守る目的で備わっているものです。
ダイエットのためにカロリー摂取量を減らしている場合でも、体は緊急トラブルが発生したと感じてしまいます。
簡単に減量をしようと思って極端に食事の内容が変わったら、なかなか痩せられなくてリバウンドしてしまう可能性が高くなります。
リバウンドを引き起こさないように、簡単な減量をする場合でも、極端な食事制限が体にどのように影響するかを理解しておきましょう。

簡単な減量の方法について

この頃注目を集めている、簡単にできる減量のやり方があります。
最近テレビのダイエット番組で、有る芸能人が挑戦して1ヶ月で4キロ痩せたという簡単な減量方法です。
ダイエット方法は簡単8時間ダイエットです。
朝、昼、夜の食事を、間食も含めて全て起きているうちの8時間以内で済ませてしまうというやり方です。
朝食を朝の9時に食べたら夕食は17時までに食べるという方法です。
朝食を11時に食べたら、夕食は19時までに食べると言うものです。
8時間が食事可能な時間ですから、16時間は食事をしない時間となります。
食事をしない時間は体内に蓄積された脂肪が燃焼している時間となり、消化機能を休めることもできるので、お通じもうまくいくといいます。
16時間は何も食べないという時間さえ守れば、食事制限もなく運動の必要もないので、とても簡単な減量方法といえます。
生活が不規則で、8時間の間にきちんと3食にすることが難しいと言う人は、1回の食事量を少なくして3食以上に回数を増やすことも可能です。
この減量方法がマッチするのは、主婦や自営業の人など、1日のどの時間を食事にあてるかを調節しやすい環境にいるという人です。
空いた時間に自由に食事が出来ない人には難しいダイエット方法かも知れません。
減量の方法は様々なものがありますが、これは簡単さやわかりやすいさは突出していますので、ぜひやってみてください。