減量

減量について詳しく知っていますか?このサイトは脂肪に悩まない秘密についていっぱい解説するので、あなたの知りたかった知識が見つかるかもしれません。

サイトメニュー

食事制限により減量をする

減量

減量を確実に行う際に大事なことは、日々の食事内容の改善ではないでしょうか。
どのような食事制限をすれば正しい減量ができるのでしょうか。
食事制限によって減量を目指す場合、決して無理のない目標を立てることが大切です。
成人女性は、一日の食事で2000kcalを目安に摂取することが望ましいといいます。
食事量を減らす場合、一日1500kcalを目安にすると週に500gの減量効果が得られます。
目標とする体重も現体重の15%減程度にしましょう。
20%以上の減量はかなり困難で体にも負担がかかるので要注意です。
減量をしている時は、食事を選ぶ時は和食を基本とするといいでしょう。
主菜は魚貝類、副菜は野菜や海草、キノコなどを使います。
おやつを食べる時はフルーツや低脂肪牛乳がおすすめです。
減量中でも毎日の食事でタンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンの5大栄養素は必ず摂取するように心がけましょう。
減量のために食事を減らしたところ、カルシウム不足で骨粗しょう症になったという人もいます。
食事を減らすと摂取が難しくなるビタミンやミネラルも補給します。
減量中にカロリーを抑えて量を確保するには、かさが増えるこんにゃくやひじき、キノコなどのカロリーのない食品を食事に上手に取り入れるのがポイントです。
食事への不満が少なければ、それだけ減量もやりやすくなるものです。

食事療法による減量の方法

減量

減量のために食事療法をしなければならないことがあります。
肥満度の高い人ほど、長期の食事療法が必要になります。
心臓や肝臓に合併症がある場合には、医師に相談してから減量を行う必要があります。
一口に食事療法といっても様々なやり方があります。
その中の一つが、減食療法というやり方です。
一日の摂取カロリー量が1200〜1800kcalになるように、普通食をやや糖尿病食寄りのメニューにすることで調整します。
もう1つは低エネルギー食です。
1日600〜1200キロカロリーに抑える食事療法ですが、かなり頑張って行わなければなりません。
家族も一緒になって取り組む必要があります。
また、ビタミン剤を摂取してビタミン欠乏の対策も重要です。
アルコールは摂取できませんし、砂糖や油脂量も限定されます。
食事療法をきちんと実践することができれば、3か月で10キロ程度の減量が可能です。
超低エネルギー食という、ぎりきりまで摂取カロリー量を減らすような食事療法もあります。
専門的な知識を持たないような人が、超低エネルギー食をつくることはできません。
管理栄養士が医師の指示に従って、栄養指導をしながら各人に合った減量方法を設定していきます。
健康的な体を維持するためには、肥満は改善する必要があります。
減量で肥満体型を脱するために、肥満の人は医師の指導を受けながら食事療法をしましょう。

食事制限で減量をするコツ

食事量を減らすことと、適切な運動をすることが減量には必要ですが、食事を減らすのは結構難しいものです。
食事制限で上手に減量をするコツはあるのでしょうか。
減量中の場合、食事の量を減らすことが大切です。
量を少なくする時は、その代わりに質を少し良くすることで、量を減らしても気にならないようにするがポイントであるといいます。
スナック菓子を食べるのをやめて、高価で小さめのお菓子を用意する、という基本スタンスで取り組みます。
食事の量を減らすコツとしてもう1つあげられるのが、食べる場所を1つに決めるということです。
食事の量が減らせない理由に、ながら食べが習慣化していて気づくと食べてしまうという方がいます。
運転中はジュースを飲んでいる、テレビを見ている時は何かをつまんでいるといったスタイルで間食していると、食事制限はうまくいきません。
ダイニングテーブルなど食事や間食を摂る場所を決めて、食べることに集中すると食べ過ぎを防ぐことができます。
減量のために食事制限をする場合、胃袋が大きくならないように、適量の食事をすることも大事です。
満腹感を毎回感じているようでは、そもそも食べ過ぎです。
ちょうどいい分量の食事を体が覚えるようにしましょう。
最初は足りないと思うでしょうが、じきに慣れます。
知らず知らずのうちに何かを食べてしまうような不規則な食習慣も、食事で減量するためには改善しなくてはなりません。
最初のうちは油断をするとうっかり食べてしまうということもありますが、コツコツと続けるうちに減量にちょうどいい量の食事が可能になるでしょう。

食事制限とリバウンド

多くの人が、体重を減らすために食事制限を試みたものの、リバウンドして元どおりになってしまった経験があります。
ダイエットをしたけれども、その後のリバウンドで体重は差し引きプラスだったという話もあります。
食事制限をしたその時は体重を減らすことができても、ほどなくリバウンドするということが少なくありません。
ダイエットの達成はなかなか困難です。
ダイエット中に起こるリバウンドとは、ダイエットをした後に体重が元の体重にすぐ戻ってしまうことです。
リバウンドしたために、より脂肪がついてしまう人もいます。
リバウンドしやすいダイエットとは、大幅に食事制限のような、体に負担の大きいダイエットです。
食事制限をした時は痩せることができますが、食事を戻すとあっという間に体重も元どおりです。
肩を落として、ダイエットができなかったと嘆くことになります。
食事制限のダイエットでリバウンドが起きると、ダイエットをする前より、体重が増加していたりします。
何のためにダイエットをしたのか努力が全く無駄になってしまうケースも少なくありません。
極端な食事制限がリバウンドを招くのは、食事をしないと健康状態に支障が生じ、体はそれを望ましくないことと判断するという機能によります。
大幅に食事量を減らし、健康によくない方法でダイエットを行うと、体はそれを命に関わる十代な問題ととらえてリバウンドしやすい体質になります。
まずリバウンド対策を意識しましょう。

リバウンドしやすい食事制限によるダイエット

リバウンドは、食事制限をして体重を減らそうとしたことがある人が、一度は通ったことがある道だといいます。
食事制限をどんな手順で行ったかも、リバウンドの有無と関係します。
元来、ダイエットとは、肥満の治療をするために行う食事のコントロールのことでした。
食事の内容や、生活習慣によって体脂肪が蓄積し、太るというのが基本的なパターンといえます。
いかにうまくダイエットを進めていくか考える必要があります。
何となくカロリー量を減らしてみるというノープランのダイエットは、成功率が低いといえるでしょう。
食べ物で得たカロリーは、日々の運動や臓器の活動に必要なエネルギーとして消費されます。
もしも使い切れなかったカロリーがあれば、体脂肪という形で体の中に貯め込まれます。
体重は、カロリーバランスによって決まります。
体重増減の原則にのっとれば、食事制限でカロリー補給量を減らせば、活動に必要なエネルギーを脂肪でまかなうことになり、減量にはなるでしょう。
しかし、人間の体は食事制限にだんだんと順応していきます。
カロリー摂取量を減らしても、体をそれに対応します。
どんなに食事制限を行っていても次第に体重が落ちなくなり、いくらダイエットを続けていても体重がなかなか減らない停滞期が始まります。
ダイエットをしている時にリバウンドが起きるのは、停滞期に入っている時に普段どおりの食事をすると、脂肪になりやすいためです。
時間をかけて少しずつ行うダイエットではなく、短期間に大幅に食事制限でダイエットをすると、リバウンドしやすいので要注意です。

リバウンドで体重が増える原因

ダイエットをした後に、ダイエットで減った分の体重がふえるリバウンドをしたことはあるでしょうか。
どうすれば、リバウンドしないダイエットで、減らした体重をキープできるでしょう。
食事制限をした直後は順調に体重が減っていくように感じられますが、一定期間を経ると、急に体重が減らなくなってしまう時期に突入してしまいます。
停滞期といい1か月ほど続きます。
停滞期の原因は体のホメオスタシスという機能です。
体に少量のエネルギーしか入ってこない場合エネルギー消費を減少させて体を維持する機能のことです。
食事から補給できるエネルギーが少なくなると、人の体は補給と消費のバランスが取れるように体を調節するため、代謝が下がります。
ホメオスタシスによって停滞期に一度入ってしまうと、ダイエットをやめてもすぐには戻りません。
エネルギー消費の量が前よりも少ない状態で、前と同じくらいの食事をすると使い切れないエネルギーが出て、余りが脂肪となって蓄積されます。
食事を減らしていると、お腹がいっぱいに感じづらくなります。
満腹中枢を刺激する一因に、脂肪細胞に脂肪が吸収されたことによって生成されるレプチンという物質がありすが、ダイエットをしているとこのレプチンの量が少なくなります。
ダイエットをやめて食事の量を戻した場合、レプチンの量も変化するのですが1か月くらい時間がかかります。
ダイエットをする前の食事に戻しても、レプチンが少なければ前ほどの満腹感は得られません。
食べ過ぎてしまうのが関の山です。
体重を減らしたいと思っていても、この2のためにリバウンドする人もいます。

リバウンドで体重を増やさないための対策

どんなダイエットをすれば、リバウンドを予防してダイエット後の体重をキープしていられるでしょう。
激しいダイエットをすると、揺りもどしでリバウンドが起きたり、体が停滞期に突入するのは自然なことなので、おすすめできません。
一時的にダイエットがうまくいったと感じても、結局はリバウンドが起きるようになります。
ホメオスタシス効果は生きている限り必ずあるもので、無くすことはできません。
体のことをよく知ってホメオスタシスとうまく付き合っていくことが大切です。
あらかじめホメオスタシスや停滞期の存在を知っていれば、痩せにくい時期になっても受けいれられます。
停滞期を突破するためには、日々の体重をはかって、記録に残すことです。
ダイエットをしながら体重の記録を続けることによって、今が停滞期かどうかを確認することができるため、リバウンド対策がしやすくなります。
しばらく減量が進まなくても、体重が減ったままの状態を保持できるならば、問題はありません。
特に力を入れてダイエットをしているわけではなくとも、毎日の体重を記録に残しておくことで健康状態にも敏感になりますので、やってみて損はないでしょう。
リバウンドをしないためには1か月で落とす体重は自分の体重の3〜4%にすることです。
急激なダイエットはリバウンドの温床になりますので、体重を減らす時は1カ月に3%から4%ダウンくらいにしましょう。
リバウンドしづらい体重管理の方法で、ダイエットを続けていきましょう。